眼鏡にくっつけるルーペ=「シーザー・ルーペ」20170111-2

NHKおはよう日本、2017/01/11(水)のまちかど情報室のテーマは、
「くっつけて便利」

●眼鏡にくっつけるルーペ=「シーザー・ルーペ」

飲食店を軽々しているNさん。
普段使っているのは、近視用の眼鏡。
ただ、最近は老眼が進み細かい文字が見えづらく困っていたそうです。
いちいち頭にかけたり、面倒だということです。

そこで使い始めたのが、眼鏡に付けられるルーペ。
眼鏡のフレームの上下を挟んで取り付けます。

【楽天】↓
シーザー ルーペ(シーザーフリップ2関連商品)

これで眼鏡をかけると、下半分がルーペになって手元の細かな文字もはっきり見えるとのこと。

ルーペのいらないときには、ワンタッチで、上にあげることもできます。
眼鏡をつけ外ししなくてもいいということです。

「ずーっとつけていても軽くてずれないので、とても気に入っております。いつも使っている眼鏡に付けることもできますので、たいへん重宝しています。」


眼鏡の産地、福井県鯖江市の職人さんが一つ一つ手作業で作っているそうです。
大きさや形が違っても取り付けられるように、フックに工夫があるそうです。
素晴らしいですね。

私も老眼鏡を使うようになりました。
加齢と共に避けられないことだと思います。

遠近両用のレンズも一般的になりましたが、場面によってルーペをあげることができるほうが、便利なことが多いように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください