空気を抜いて好みの高さにできる枕=東京西川「ラクネル」20170209-1

「よりよい眠りを」
2017年2月9日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

よりよい眠りをサポートしてくれるアイディアが紹介されていました。

●空気を抜いて好みの高さにできる枕=東京西川「ラクネル」

東京西川 枕 ラクネル ソフトパイプピロー 高さの簡単調節が可能 EKS2051900M
by カエレバ

会社員のTさん。

以前使っていた枕は、そのままだと少し低くかったり折りたたむと高すぎたり。

合わないことで肩こりなどがあったようです。

そこで使うようになった枕があります。

一見普通の枕に見えますが、横につまみがついていました。
実は、空気孔です。

この枕にはウレタンが入っています。
空気孔のつまみを開いて5秒ほど置けば、膨らんで高くなる構造です。

最大で12センチの高さになります。

頭を乗せるとその重さで中の空気が抜けていき、つまみを閉めて高さを固定します。
自分好みの高さに自在に変えられるというアイディアです。

Tさん、その日の気分に合わせて枕を調整しているそうです。

「微妙な調整ができるのがすごくいいです。眠りがすごく深くなったような感じがします。
枕が合うとさわやかに起きることができるので、とても気に入っています。」


東京西川の製品。
東京西川は、寝具の老舗ですが、創業450年を迎えるそうです。

「ホームタイプピロー」と持ち運びが楽な「ポータブル」の二種類があるようです。

バスタオルを折って高さを調節するというのも、人気があるそうですが、この枕ならさらに細かく無段階に微調整が出来ますね。
使ってみたいです。


コメントを残す

このページの先頭へ