糖がゆっくり吸収される羊羹=「スポーツようかんプラス」20160713-3

まちかど情報室は「進化する 和の食材」というテーマ。
2016/07/13(水)の放送でした。

●糖がゆっくり吸収される羊羹=「スポーツようかんプラス」

休みの日、地元のバレーボールチームに参加して汗を流しているというKさん。

「バレーボールは体力が勝負のスポーツなので、できるだけスタミナ切れしないようにしています。」

その方法は、、、
かばんからゼリーのようなものを取り出して食べています。
実は、スポーツ向けに開発されたようかんでした。

「甘さ控え目で、さっぱりしていて食べやすいです。」

この羊羹に使われている糖は、蜂蜜に含まれる糖の一種。
一般的な砂糖とカロリーは同じですが、ゆっくり吸収されるのが特徴です。

量よりも、吸収速度に注目したスローカロリーという糖の摂り方です。

Kさん、運動前に食べておくと長い時間体力が持つといいます。

【アマゾン】

普段も体にやさしいおやつとして楽しめ、カロリーをあまり気にしなくていいこと、また、指で押すだけで包みが開くのも、気に入ってるそうです。

「仕事中に夜遅くなりそうな時には、少しお腹がすくので、、、
一本食べると結構腹持ちがいいので、よく持ち歩いてます。」

和久田 「片手でぱっと食べられて、いいですね。」


今回、まちかどでは、和の食材ということで、羊羹が取り上げられていましたが、注目すべきは、ハチミツに含まれるパラチノースという糖だと思います。

参考
”スローカロリー”って何? 糖質制限は体によくないケースも!

「スローカロリー」は注目されています。
パラチノースはいろいろな食品に使われていくだろうとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください