薬が飲みやすいコップ=「おくすりこくり(錠剤服用コップ)」20141107-1

「あいているのが イイんです」
2014年11月7日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

直前のコーナーで、ロシアでトナカイの肉の消費が増えているということを受けて、鹿島アナウンサーは「トナカイを食べ過ぎると、サンタさんがこないんじゃないかな。」と、つぶやいていました。

それは、まちかどの内容とは関係なかったようです。
穴が開いているからこそ便利なアイデアが紹介されていました。

 
●薬が飲みやすいコップ=「おくすりこくり(錠剤服用コップ)」
開発者の商品紹介ページ → 「錠剤服用コップ」商品説明

※「おくすりこくり」という商品名で販売されているようです。
・問い合わせ先:明興産業株式会社
 URL → 製品情報>おくすりこくり
 TEL:078-651-5271  FAX : 078-651-5233 (担当 / 佐伯)

Wさん、88歳。
朝晩欠かさず薬を飲んでいます。

薬の粒が小さいので、時には、手からこぼしてしまうこともあります。
水を飲むときにも、注意が必要です。
「年寄りの不器用な人間が、何かの拍子でゴボッといっぺんにきて、息ができないっていうか。」

鹿島 「むせちゃうことがありますもんね。」

そこで使い始めたのが、飲み口に穴が開いたポケットがついたコップです。
薬は、ポケットに入れます。

反対側の開いたところから水を入れます。

コップを傾けると、ポケットに入った薬が水に浮きながら口に入ってきます。

水が出てくる穴は、小さいので急にたくさん出てくることはありません。

この製品が生まれたきっかけは、
会社員の男性が、薬を飲むのを苦労していた家族の姿を見て、手製で作ったものです。
何とか飲みやすくならないかと工夫して、ポケットつきのコップを考えたということです。

発明コンクールに出品し、製品化につながったそうです。

カップと薬を入れる部分を分けて洗うことができます。

「自然に飲める。年寄りには重宝されると思います。」


軽い素材でできているようでした。

広く普及していい製品だと思います。
身近な人のために、小さな工夫が積み重ねられたようですね。

カラーバリエーションもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください