メッセージを書いてそのまま送れるシャツ=「ふくてがみ」20150805-3

まちかど情報室「〇〇に変身!」
2015/08/05(水)の放送でした。

 
●メッセージを書いてそのまま送れるシャツ=「ふくてがみ」

「ふくてがみ」公式オンラインショップ
——————————-
大学4年生のWさん。
卒業を控えて、離れて暮らす両親に手紙を書いています。

「来年の春から社会人として自立していくので、人生の節目でもあるかなと思って、、、」

書いているのは、便せんではなく、シャツでした。

洗っても消えにくい附属のボールペンで、シャツの内側に書ける手紙です。

書いた後は小さく折りたたんで、襟の後ろにあるポケットに入れ込みます。
このまとめたシャツは、280円切手を貼るとそのまま送ることができます。

2枚の札は福島にある実家に届きました。

父 「なんだこれ?これ襟なの?」
母 「襟だね。」
母 「内側にほら。」
父 「なんか書いてある。」

ちょっと変わったシャツの手紙。
普段なかなか言えない感謝の気持ちが伝わったようです。

母 「なんて書いてあった?」
父 「いろいろとね。」
母 「すてきだね。」

両親はこのシャツを特別な時に着たいと思っています。

父 「さしあたっては娘の卒業式に着てみるか。」


両親は、涙目になっていたようでした。

考えたのは、ファッションについて学んでいる大学院生。
みんなが温かい気持ちになれる服をつくりたいということで開発しました。

ここ一番というときに着てもらって、シャツの手紙から勇気をもらえるものにしたかったということです。

シャツの下に濃い目のものを着ると、透けにくいそうです。

東京テレビのトレたまで取り上げられていました。
服の手紙「ふくてがみ」20150428

そのほか、いろいろなメディアでも取り上げられていました。

着ている人は、大切な人のお守りを身に着けてことに当たる、という感覚に近いかもしれませんね。
興味深いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください