リュックにもトートにもなる=「notabag(ノットアバッグ)」 20160613-3

まちかど情報室は「形を変えて使います」というテーマ。
2016/06/13(月)の放送でした。

●リュックにもトートにもなるバッグ=「notabag(ノットアバッグ)」

買い物を終えてこれから帰宅しようというTさん。

重たい荷物を、自転車の前のかごに入れるとバランスがとりにくくて、危険。

そこでTさんは、手提げバッグの持ち手を引っ張ると、、、
リュックになりました。

引っ張ったことで、手提げブクロの持ち手が、リュックのベルトになるというアイディアです。

生地はアウトドア用品などにも使われるナイロン製で、万が一裂けてもそれ以上破れないよう、碁盤の目のように繊維を縫い込んであります。

重さ5キロくらいまでの荷物を入れることができます。

また、撥水加工がしてあるので、突然の雨にも安心です。

使い終わったら畳むと、コンパクトになるところも気に入っているそうです。

【アマゾン】

和久田 「持ち運びも楽ですね。」

「背中に荷物が背負えると、とてもバランスが良くて、また重たい荷物を運ぶのも楽になりました。
肩にかけることもできるし、背負えるし、シーンに合わせて持ちかえることができるので、すごく重宝しています。」

和久田 「自転車に乗らない人でも、たくさん買い物をしたとき楽そうですね。」

Tさんは、混んだ電車に乗るときには、リュックだったものを再び手提げ戻して使っているそうです。

荷物の量だけでなく、使う場所に合わせて形を変えられていいということです。


使わないときには、軽量・コンパクト、色も選べて、いいですね。

エコバッグとしてだけに使うにはちょっと高めですかね。
いろいろな使い方はできると思います。
自転車に乗る人は、やっぱり重宝すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください