伸ばして使う傘袋=洗える傘袋「amedama」20150521-3

まちかど情報室「雨の日に役立ちます」
2015/05/21(木)の放送でした。

 
●伸ばして使う傘袋=洗える傘袋「amedama」

雨の日のエコ「amedama」を扱っているオンラインショップ

主婦のOさん。
雨の日車に乗り込むときに、困っているのが傘のしずくで足元が濡れてしまうということ。

そこで使い始めたのが傘の持ち手に着けるアイディアグッズ。
そのままでは、お団子をつけたような感じです。

内側が撥水加工された綿の傘ブクロになっています。
引き出して、傘の長さに合わせて端を折り返して使います。
いろいろな傘の長さに対応できます。

子供用の傘でも大丈夫。

傘袋がいらないときは、伸ばした布をあげていって、もどすだけ。

「友達の車に乗せてもらう時なんかは特に汚してはいけないなと気を使うので、そういう時はすごく便利だと思います」

ちなみに、この傘袋は同じような傘が並んでいるときに、目印になるので便利だそうです。

和久田 「取り違えもないですし、使いたいときにさっと引っ張ればいいだけで便利ですね。」


考えたのは大阪にある芸術大学の学生たち。
大阪芸術大学、スマイルデザイン研究会のようです。)

雨の日に、いろんなお店の入口で使い捨ての傘袋置かれていて、出るときにゴミ箱にいっぱいたまっているというような光景を見て発想したそうです。

上のところを縛っているので、抜けていかないというのもいいところだそうです。

使い捨ての袋だと、しずくの重みで抜けてしまうことがありますが、それも配送です。

ぱっと見は、剣道の竹刀を入れる袋に似ているなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください