耳たぶが痛くならないイヤリング=「ぴあり」シリーズ20150218-1

「手軽に アクセサリー」
2015年2月18日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

取り外しも簡単な女性用アクセサリーのアイデアが紹介されていました。
テーマにあわせてか、鹿島アナウンサーは華やかなネックレスをつけていました。

そこへの突っ込みは無く、「鈴木アナウンサーは輝いているのでアクセサリー要らず」という方向へ話は進みました。
ちょっと滑っていたような、、、

 
●耳たぶが痛くならないイヤリング=「ぴあり」シリーズ

「耳が喜ぶイヤリング ぴあり」のページ

お出かけの時には必ずイヤリングをつけるというYさん。

嫌だったのはネジの部分。
取れないようにきつく締めると、、、
「どうしても耳が痛い。辛抱たまらなくて取ってしまう、、、」

ということで、ネジを使わないイヤリングを使い始めました。
肌に触れる部分はウレタンが使われています。

附属のピンセットを使って、少し広げて耳たぶにあわせて、はさみます。
振っても、取れにくく、
引っ張っても取れにくくなっています。

ネジを使わなくてもきちんと止まっています。

特殊な公金が使われていて、そのため形が崩れにくくなっています。
締め付けすぎもせず、ゆるくもならず、きちんと耳たぶを挟んでくれます。

耳たぶの厚さに対応するために4種類あります。
1.3ミリ、1.7ミリ、2.3ミリ、2.7ミリ。

これで、ほとんどの女性の耳たぶに合うそうです。

「つけた感じがしないくらい、とっても軽い。好きだったヒアリングのおしゃれができて、楽しいです。」

鈴木 「デザインも素敵ですね。」


一定の幅を保つということですから、形状記憶の金属が使われているのでしょうか。
サイトを見てみると、特許出願中と言うことでした。

耳たぶの厚さごとの背インですから、人と貸し借りが簡単にはできないかもしれませんが、自分にぴったりと言うのはいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください