見た目は宝石のような和紙製アクセサリー20150115-3

まちかど情報室「和紙で作りました」
2015/01/15(木)の放送でした。

 
●見た目は宝石のような和紙製アクセサリー

【和紙工芸ほづみ】製作の「くじゃくだま」などの製品だと思われます。
しばらく更新されていないようですが、ブログが開設されていました。

和紙工芸ほづみ
通信販売などは行っていないようですね。「物産展・職人展・民工芸品まつりなどでの販売のみとなっております。」とのことでした。

2014年4月に行われた第35回全国和紙展では注目を集めていたそうです。関連記事
————————

高知県でカフェを営んでいるMさん。

最近お気に入りなのは、深い緑色のネックレスとブレスレット。
和紙が意外なものに使われているのでした。

様々な色に染めた手漉きの和紙だけでできています。
何枚も重ねて、特殊な技術で棒状に固めました。

固めると石のようになります。
叩き合わせると、高い音がしました。

和紙でできているので、ガラスや瀬戸物と違って、落としても割れません。

この棒状のものを削っていきます。
形ができてきたら、研磨剤で磨き上げます。

豊かな色合いと、光沢を持つ素材ができ上がりました。

これを様々なアクセサリに加工していきます。
紙なので軽いというのが一番の特徴です。

「きれい。柄は神秘的な感じがしますよ。和紙とは思いませんね。軽いし、つけているの忘れてしまっているという感じです。」


寺門 「これは確かにびっくりしました。軽さ丈夫さが、こんなところに生かされるとは、想像できなかったです。」

今年は大振りなネックレスが流行っているようですが、その重さが苦手と言う人もいるようです。

和紙でできたネックッレスはそれが無いようです。

高知県の女性の職人さんが作っているものです。
お父さんの代から、地元の土佐和紙を使って、色々なものを作っていたそうです。

意外性も楽しい製品ですね。
持った感じが、見た目と違うんでしょうね。

その違和感を、手にとって感じてみたいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください