譜面台になるカバン「STAND KABAN(スタンドカバン)」20160926-2

NHKおはよう日本、2016/09/26(月)のまちかど情報室のテーマは、
「二兎(にと)追いました」

●譜面台になるカバン「STAND KABAN(スタンドカバン)」

地元の市民楽団で活動しているHさん。

打楽器を担当していて、休日はよく公園で練習するんですが、、、

「譜面を本当は目の前に置きたいんですけど。そうすると体勢が崩れるのでちょっと不便です。

【楽天】

そこで使うのが、持って歩いているかばん。

カバーを開いて、中のパーツを取り外します。
かばんには数箇所、面ファスナーがついていて、それを順番に組み立てていくと、台のようになります。

ここにものを立てかけることもできます。
この譜面を載せている台は、およそ2kg の重さまで耐えられます。

「荷物がもっともっと多いので、私物もこの中に入れられるし、譜面台を持っていかなくていいので。すごく荷物が減って楽です。」


この製品を考えたのは、プロのドラマーだそうです。

全国各地で演奏行うときに、道具を一つにまとめられてそのまま譜面台になるカバンがあれば便利なのにと、考えて開発したそうです。

他にもパソコン置いたり化粧台として利用する人もいるそうです。

トレたまでも取り上げられていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください