風呂敷をバッグに=「寅の助 ふろしき持ち手」20141126-2

NHKおはよう日本、2014/11/26のまちかど情報室のテーマは、
「持ち運びに 便利です」

 
●風呂敷をバッグに=「寅の助 ふろしき持ち手」
——————————————-
「寅の助」のHP

※伊勢丹・オンラインストアで「ふろしき持ち手」の扱いがあったようですが、完売となっていました。
——————————————-

おしゃれな風呂敷を集めるのが趣味だという、Yさん。

和服を着る機会が普段なかなかありません。

「日頃使おうと思って買っても、なかなか出番がなくて、、、」

せっかく買った風呂敷を活用するために、木の輪っかを使っているそうです。
風呂敷に取り付けて、バッグにします。

この木の輪っか、隙間が開いていて、ひっくり返すとクリップが付いています。

この隙間とクリップを使って行きます。
風呂敷の角を隙間に通し、クリップで留めます。
簡単に止めることができます。

反対の方も同じようにし、はさんでいない、あと2つの角を手で結び、バッグの大きさを決めて行きます。

ひっくり返して、あまっている布の部分を、輪っかについている切れ込み挟んでいくと、形もすっきりとしたバッグになりました。

鈴木 「きれいなバッグ、、、」
鹿島 「もともとバッグだったみたいですね。」

普段着ている洋服に合わせて、いろいろなバッグに仕立てているそうです。

「軽くて持ち運びも楽ですし、パチンと留めるだけで、簡単なので、便利ですね。」


仕上がりがとてもきれいです。
余計な布の分がきちんと処理できるので、見た目がスッキリです。

風呂敷の数だけ、バッグができるということですから、重宝します。
大きさもコントロールできるところもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください