おしゃぶりの形で離乳食の練習=「キッズミー モグフィ」20151022-3

まちかど情報室「組み合わせユニーク」
2015/10/22(木)の放送でした。

 
●おしゃぶりの形で離乳食の練習=「キッズミー モグフィ」

【楽天】

【アマゾン】

Kさんご一家。
1ヶ月ほど前から離乳食を始めた娘さんのために使い始めたのが、一見おしゃぶりのような形をしたもの。

中に離乳食を入れられるようになっているのが特徴です。
ポイントは先端の小さな穴。

この日、中に入れたのはかぼちゃのペーストでした。
赤ちゃんが噛むと出てきます。
噛みながら少しずつ食べられます。

これを口に含んだ娘さん、ニコニコしながら食べていました。
一生懸命かんでいます。

ミルクを飲んでいた赤ちゃんがこれを使うことで、噛むことをだんだんを覚えていく、そんな練習になるそうです。

自分で持って食べられるように、持ち手もついています。

サックは取り外して払うことができます。

お母さん「自分のペースで食べてくれるので、こっちも焦らなくて済む。」

お父さん「機嫌よく楽しんで食べてる様子、これが微笑ましいですね。」


サック(ニップル)は3種類のサイズがあって、成長に合わせて使うことが出来ます。
(アマゾンの商品説明から引用)
S:プレ離乳食、哺乳瓶の乳首に近い形状のSサイズでサックに慣れる練習に
M:少しずつ吸ったり噛んだり、初めてのミルク以外の食べ物の味を体験!
L:食べ物の味に慣れてきたら自分でもぐもぐ

吸うから、噛むへスムーズに移っていけそうですね。
食べこぼしもあまりないと思われるし、いろいろな意味で、おおらかな気持ちで赤ちゃんに接することが出来るだろうなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください