ごみの出ないプラモデル=「超次元変形フレームロボ」20161018-1

「エコに配慮しました」
2016年10月18日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

便利に使えるだけでなく、エコにつながるアイディアが紹介されていました。

●ごみの出ないプラモデル=「超次元変形フレームロボ」

プラモデル作りが大好きなIさん宅の男の子。
このプラモデルに、エコなアイディアが隠れています。

パーツは、手で外すことができます。
折り曲げたり、穴にはめたりしてつなげていきます。

15分でロボットが完成。
組み立て終わった後、机の上がすっきりしています。

普通のプラモデルは、部品を枠などで繋いでいるため、不要な部分が出ますが、このプラモデルは、パーツのレイアウトを工夫したことで、ゴミが一切出ない上、接着剤も使わずに組み立てられるというものです。

「ゴミが残らないし、このプラモデルもかっこよくて、作っていると楽しいなと思いました。」


ガンプラのバンダイの製品。
ゴミが多いとか接着剤のにおいがきついだとか、いろいろな親のクレームに対応する形で開発されたプラモデルだそうです。

クレームを新製品開発の原動力にしているということで、なかなかやるもんだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください