たためるベビーベット=「ココネル」20140616-1

「たたんでコンパクト」
2014年6月16日(月)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

たためるものは、これまでもたくさん取り上げてきたという
鈴木アナウンサー。
それに対して小山アナウンサーは、
「まだまだたためます。意外なものがたためます。」
と言うことでした。
持ち運びに便利なアイデアでした。

 
●たためるベビーベット=「ココネル」
・問い合わせ先:アップリカ・チルドレンズプロダクツ
 Tel:0120-415-814
※店頭では7月末より販売予定とのこと。

【楽天】予約です。

【アマゾン】予約です。

Iさんご一家。
生後4ヶ月の赤ちゃん。ぷくぷくしています。

泣き出してしまいましたが、お気に入りのベビーベッドに寝せると
いつも機嫌が戻ります。

ですから、
どこに行くにもこのベットは持っていきたいそうです。

「このベットはたためます。」

まずは台を取り外して、底にあるひもを引っ張ります。
ぎゅっといっぱいあげると、ベッドの枠が折りたたまれました。
工具を使わずに、お母さん1人でたたむことができます。

これを専用の袋に入れて運びます。
車のトランクにすっぽり入る大きさになっています。

この日は、おじいちゃんおばあちゃんの家にお泊まりです。

お父さんがだっこして挨拶してる間に、
お母さんはベビーベッドを組み立ててしまいました。
台を入れることでしっかり安定するようにできています。

「(外に)泊まるとなると、
寝てくれなかったりとか、ぐずってしまったりするので、、、
持ち運びが便利なので、すごく助かってます。」


赤ちゃんが機嫌よくしてくれることが一番助かります。
うちの場合も。
実家に帰った時など、いつもと違う布団に寝せると
寝付かないことがよくありました。

いつもの寝床持って歩けるというのは
とても良いことだと思います。

このベッド、
開発者が、折り畳み傘の動きをヒントにして
思いついたものだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください