つなぐえんぴつ削り=「TSUNAGO」20150306-1

「足してつなげて 役立ちます」
2015年3月6日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

細かいところに注目して、足したり、つなげたりして便利なアイデアが紹介されていました。
担当の鹿島、鈴木両アナウンサーの記憶では「これは初めてだろう」ということでした。

 
●つなぐえんぴつ削り=「TSUNAGO」

この春から小学生の娘さんが居間でお絵かきをしています。
弟君は2歳です。飛行機を描いていました。

絵を書くのが大好きですが、短い鉛筆は持ちづらそうでした。

鉛筆同士をつなげて長くできる鉛筆削りがあるそうです。
まず、短くなった鉛筆のお尻の方に穴が開くように削ります。

次に、違う刃に切り替えて、別の鉛筆の先の方を削ります。
先は、ちょっと変わった形で削られます。
さっきの後ろにあけた穴に会うような形なんですね。

接着剤をつけて、その二つをつなげるというわけです。

その後、削っていっても、つなぎ目のところも自然になっていて、次の鉛筆の芯が出てきます。

父 「短くなれば捨てていたんですけれども、今は、もう少し物を大切しなければいけないと思うので、そういうところが好きですね。」


短い鉛筆を使い切るためのグッズは昔からありましたが、これは最後の3センチまで使い切るという感じですね。
すばらしいと思いました。

ただ、子供たちの遊びの延長で、必要以上に長くつなげてしまうということは、ありそうです。
それもある程度は仕方がないかなという気がしました。
工作に目覚めるきっかけになるかもしれません。

このアイディアを思いついたのは、絵を描くのが好きで、短くなった鉛筆を捨てるのはもったいないなと思っていた男性。
そのアイディアを老舗の鉛筆削りメーカーに持ち込んで完成した製品だということでした。

今では、海外の見本市などでも人気だそうです。
ネット上でも、「欲しい!」という声は多いようでした。

2 Replies to “つなぐえんぴつ削り=「TSUNAGO」20150306-1”

    1. コメントありがとうございます。

      鉛筆をつなぐ文具、「TSUNAGGO」 を作っている会社は
      株式会社 中島重久堂
      〒580-0046 大阪府松原市三宅中7-3-28
      TEL:072-339-5599

      この会社のHPを見る限り、実物を置いて販売している小売店は今のところないようです。
      ネットを使った通信販売を行っています。
      今は、予約を受け付けています。

      手に入るまで時間がかかりそうですね。

      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください