中が空洞の立体チョコレートが作れる=「くるくるチョコレート工場」20150917-3

まちかど情報室「クルクル回しておいしく!」
2015/09/17(木)の放送でした。

 
●中が空洞の立体チョコレートが作れる=「くるくるチョコレート工場」

【楽天】

【アマゾン】

チョコレートの話題。
表も裏も立体的な熊の形のチョコレートです。

これを手軽につくれるアイディアグッズが登場しました。
Oさん宅の姉妹が作るところを見せてくれました。

赤と白の配色の器具。
「これで回しました!」
とのこと。

透明なプラスチックの型。
表の分と裏の分があります。

その一方に溶かしたチョコを流し込んで、重ね合わせ本体にセットします。

あとはハンドルをクルクル回すだけ。
複雑に回転します。

いろんな角度で回りながら、遠心力を利用してチョコを満遍なく型に行き渡らせる仕組みです。

ヒントにしたのは、宇宙飛行士の訓練用の椅子の動き。

出来上がったチョコレートにデコレーションをするのが、二人のお気に入り。

「ハートにLOVE と書きました。
習い事の友達だったり、学校の友達だったり、あと、お父さんにもあげたいです。」

「また作りたいです。」


和久田 「ケーキとかの上に載せてもかわいいですね。」

開発したのは、玩具メーカーで働く、2人お子さんがいるお母さんだそうです。

最近の子供たちは、バレンタイン以外にもハローウィンなどのイベントで、女の子同士でもチョコレートを交換することがあるそうです。

それを見て考えたそうです。

まわして作るので、中が空洞になるので少ないチョコレートでもできるというのも、メリットだそうです。

食感も軽くていいと思います。
チョコレートの塊だと、硬くて食べにくことがありますからね。

別売でミッキーの型や、妖怪ウォッチの型もありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください