卵型のクレヨン=「プリモモくれよん 」20150706-1

「お絵描き 楽しもう!」
2015年7月6日(月)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

お絵かき道具に工夫を加えたアイデアが紹介されていました。
中村アナウンサーは、和久田アナウンサーの似顔絵を描いていました。
小物が上手く使われていて、だれだかわかるようになっていました。

 
●卵型のクレヨン=「プリモモくれよん 」

【楽天】

【アマゾン】

お母さんの似顔絵をかいている2歳の女の子。
最近お気に入りなのが、手のひらに入るクレヨン。
にぎりやすいように丸みがあって、どこからでもかけます。
握るところでも描くことができます。

このクレヨンは、絵を書く以外の楽しみ方もあります。
突起と波形を組み合わせれば、卵型のパズルになります。

組み合わせ方によっては、チューリップに見えます。

コマとして遊ぶこともできました。

「子供の想像力も広がり、次から次へといろんな遊び方ができるので、すごく気に入っています。」


女の子は、このクレヨンをグラスにも見立てて遊ぶことがあるそうです。

口に入れても安全な素材でできているそうです。
丸ごと洗うこともできます。

クレヨンなので、使っていくと段々減って形が変わってきますが、その形もまた違うものに見立てて遊ぶのもいいだろうというというでした。

手のひらに収まる卵型は、絵を描かなくても持っていたくなりそうです。
小さな子供へのプレゼントにぴったりだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください