子どもの絵を人形にしてくれるサービス=「ラククリ」20140124-1

「思い出 ステキな形に」
2014年1月24日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

子供は三歳までに親孝行を終える、と聞いたことがあります。
赤ちゃんのころのかわいらしさは格別ですね。
そんな思い出は大切にとっておきたいものです。
思い出を形にして残してくれるサービスが紹介されていました。

 
●子どもの絵を人形にしてくれるサービス=「ラククリ」
・問い合わせ先:合同会社スリーディーリマインド
 Tel:06-6131-9556
 ラククリ。子供の描いた絵が3Dフィギュアになる、ラクガキ・クリーチャーズ3D。

おじいちゃんとおばあちゃんの家でお絵描きをしている、男の子。
一生懸命色を塗っているものが何か尋ねると「バアバ」とこたえました。

おばあちゃんは
「初めての孫なので、すごくかわいいです。」

おばあちゃんOさんは、
絵を人形にしてくれるサービスを見つけました。

専用のホームページに、さっきの絵を送ると
デザイナーがへの特徴を生かしながら、立体的なデザインに仕上げ
3D プリンターで形にしてくれます。

素材は石膏使っているそうです。
周りの余分な所を取り除けば「バアバ」の立体像が出てきました。

3週間ほどで届けられます。
それを見た男の子、すかさず「バアバ」といいました。
よくできています。

「孫が描いたお絵かきを、リアルにさわったり
後ろ側も見えたり、、、
大切な思い出になって、私の一生の宝物になります。」


メーカーのHPによると、
去年の後半には民放テレビで紹介されたそうです。
・TBS系列 2013年11月6日放送の「Nスタ」
・フジテレビ系列 2013年12月25日放送の「めざましテレビ」

料金は、Sサイズで18,000円からのようです。

3Dプリンターは、色々なものを変えていくような気がしますね。

いつの間にか、自宅で写真を印刷するのが当たり前になったように、
小物なども、自分で作るのが当たり前になるのかなと思いました。


コメントを残す

このページの先頭へ