手持ち花火につける棒2014-07-08-1

「親子で楽しく遊ぼう!」
2014年7月8日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

NHKのアナウンサーも、前のコーナーを受けてトークをするようになってきましたね。
鹿島アナウンサーは、お姫様抱っこをして欲しいと、旦那様にお願いしているということでした。今日は、テーマにはあまり結びついていませんでしたね。

7月に入り、夏休みが意識されるようになってきました。
親子で楽しめる素朴なおもちゃのアイデアが紹介されていました。

 
●花火の持ち手を延長する棒
・問い合わせ先:株式会社 杢匠
 Tel:072-624-7373

夏といえば花火。
Nさん一家も手持ちの花火で楽しんでいます。
ただ、息子さんは1人ではもてませんでした。

「ぱーって火が出るのが恐かったみたいで、1人で花火ができなかったですね。」

そこで使うことにしたのが、棒状のグッズ。
棒の先に花火を押し込んで、セットします。

火と手の距離が長くなったので、安心したようです。

先端には切れ込みも入っていました。
厚紙が持ち手になった花火にも使えます。

線香花火を挟むこともできます。

「ありそうでなかったものなので、いいアイディアだと思います。」


子供は花火が大好きですね。

暗いところで火を見るときの特別な高揚感。
火を扱う、緊張感も非日常なものです。

小さいうちは、見るだけ、、、というルールが自然に生まれて、大人はすごいな、、、という憧れも育ったのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください