指につけてピアノなどの音色を楽しめる楽器=「ゆびdeピアノ」20130909-2

2013/09/19のまちかど情報室のテーマは、
「音楽の楽しみ広がります」

 
●指につけてピアノなどの音色を楽しめる楽器=「ゆびdeピアノ」
・問い合わせ先:株式会社キューブ
 Tel:03-3234-3721

【楽天】

【アマゾン】
ゆび de ピアノ (ホワイト)

ピアノが大好きなKさん。
最近、お気に入りの楽器があるそうです。
五本の指先にキャップが付いていて、
そこから手首まで線がつながっています。

脈を計る機械のようにも見えます。

これで机をたたくと、音が鳴ります。
お母さんの背中でも。

指につければ、どこでもピアノの音色が楽しめるという楽器でした。
裏側に秘密がありました。
小さなピンク色のボタンが付いています。
動物の肉球みたいです。

親指から、ドレミファソまで順番に音が出ます。
足りないラシドは、手首に固定している部品についた三つのボタンが
対応します。
これで、ドレミファソラシドがそろいました。

ピアノ以外の音を出すこともできます。
ハンドベル。

お母さんのピアノに合わせて、合奏を楽しむこともあるそうです。

「勉強してて、休憩するときとかに
ちょっと弾いたりすることができる。」

「いろんなところで気軽に、音を出せるので、
大人でも十分楽しめると思います。」


ピアノが元になっているのは確かですが、
ピアノとは別の楽器と思っていたほうがいいような気がします。

五本の指で足りない分を、手首に三つボタンをつけて対応する
というのは、よく考えたなと思います。

もともとは、小学生用雑誌の付録だったと思います。
リニューアル、製品化するということは、ニーズがあるんでしょうね。


コメントを残す

このページの先頭へ