擬音や効果音を聞いて当てるカルタ=「オノマトペ サウンドカルタ」20121219-1

今朝はまず雪かきでした。
まとまった雪になりました。
これから数日は、厳しい寒波が居座るようです。
車の運転も気をつけたいと思います。

2012年 12月19日(水)のNHKまちかど情報室は、
「みんなで楽しく カードゲーム」というテーマでした。
トランプやカルタに一工夫。家族や友人と楽しめたり、意外な使い方が出来るアイデアが紹介されていました。
 
●マンガの擬音や効果音を聞いて当てるカルタ=「オノマトペ サウンドカルタ」
・問い合わせ先:株式会社アイアップ TEL:03-5467-5066
URL→http://www.eyeup.co.jp/
Iさん一家。
ちょっと変わったカルタで遊んでいます。

音を聞いて、絵札をとりました。
絵札に書かれているのは、マンガの一こま。
読み札には、バーコードが着いていて、それを専用の装置で読み取ると、
絵に合った効果音が出てきます。

みんなでイメージに合う絵を探すという遊び方をします。
「ガーン」と聞こえる効果音。
「ビリビリ」とイメージできる音。
などなど。

「すごく分かりやすい絵と音で、自分が真剣になってしまって、面白かったです。」

【楽天】

【アマゾン】
オノマトペ サウンドカルタ

 


普通のカルタは、言葉と絵の対応を素早く行う、
反射のゲームだと思います。

このカルタは、非言語と絵の対応ということで、
きっと、使う脳の場所は普段と違うところになっていることでしょう。

リフレッシュするには、効果的だろうなと思いました。
極端に苦手な人も出てくるかなと予想します。
そこがまた、面白いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください