混ぜてこねるだけで固まるシリコーン=「WRAP-BER(ラップバー)」20160719-2

NHKおはよう日本、2016/07/19(火)のまちかど情報室のテーマは、
「おでかけ先で役立ちます」

●混ぜてこねるだけで固まるシリコーン=「WRAP-BER(ラップバー)」

子供たちが図工を学ぶ教室からの情報でした。

作品作りに熱中している時も、水分補給は欠かせません。

みんなが飲んでいるペットボトルに工夫がありました。
かわいいキャップがついています。

このキャップ、実は子供たちの手づくりでした。

使ったのは2種類の素材。
これを同じ分量ずつまぜ合わせて、よく練っていくとシリコーンになるのでした。

和久田 「粘土じゃなくてシリコーンですか。」

思い思いに飾り付けた後、一日乾かせば完成。

「海の宝石!」
「このクリームは、イルカが食べるえさ。」

和久田 「発想が豊かですね。これなら大勢いても目印になりますね。」

シリコンなので、付け替えて繰り返し使うことができます。

【アマゾン】

「子供にもやわらかい。自分の手になじんだ形を作ることができる。今日はとても楽しんでくれました。」


このまぜて作るシリコン。
粘土のようにいろんな形できるので、この図工教室では、短くなった色鉛筆をつなぎ合わせるキャップをつくったり、バネのような、らせん状に固めてイヤホンを束ねたりしているそうです。

子どもだけでなく、大人も活用できそうです。
事務用品に付け加えたり、工夫次第だと思います。
使ってみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください