溝が彫ってあるコマ=「RAKU(楽)コマ」20140708-3

まちかど情報室「親子で楽しく遊ぼう!」
2014/07/08の放送でした。

 
●溝が彫ってあるコマ=「RAKU(楽)コマ」
・問い合わせ先:独楽工房 隈本木工所
 Tel:0943-22-2955
 URL → http://www.yamegoma.jp/

独楽をまわす子供たち。

経験が少ない子供達でも上手に回すことができるコマだそうです。

これまでほとんどやったことはない子も、回すことができました。

その秘密は、
独楽の形にあります。
裏側に、ぐるぐると溝が彫ってあります。

底に引っ掛けると紐が外れたりしにくいということです。

こま遊びはまず、紐を巻くことが一つのハードルになってたわけです。

福岡の八女にある老舗のおもちゃ屋さんが考えました。

こまに溝を掘るというのは、簡単なように思えますが、こまが回転してもバランスを崩さないように精密な溝を彫るというのはとても難しいことです。

コンピューターで制御する3Dの技術を取り入れるようになって、実現しました。
精密な形で、大量生産ができるようになったのです。

女の子は、「簡単だった」と言っています。

「まわしやすいと、子供も達成感というか、できるという自信ができて、、、
親子のふれあいとかあると非常にうれしいです。」


鈴木 「昔ながらの独楽が、最新の技術で回しやすくなったというのはおもしろいですね。」

独楽はまず紐を上手く巻けないことで、いやになる子が多いように思います。
そこがクリアされれば、たのしい、「投げ」が体験できます。
いいですね。

HPを見たら、売り切れのようなので、入手は簡単ではないかもしれません。
問い合わせが増えると、生産が活発化するかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください