片方の目で見て楽しむ絵本=「とびだす! 3Dアートえほん ふしぎなかいだん」20150420-3

まちかど情報室「親子で楽しもうユニーク絵本」
2015/04/20(月)の放送でした。

 
●片方の目で見て立体を楽しむ絵本=「とびだす! 3Dアートえほん ふしぎなかいだん」

【楽天】

【アマゾン】

Yさんの子供たちが大好きな絵本。
(5人兄弟のようでした。にぎやかそうです。)

片方の目だけで見るのがポイントというものでした。

片方の目で正面からじっと見ていると、目の錯覚で絵が飛び出して見えます。

和久田 「階段が浮き上がっているように見えてきました。」

「飛び出してくる!」

作ったのは、大阪に住むイラストレーターの男性。
目の錯覚を利用して、ある角度から見たときだけ飛び出して見える3Dアートを手がけています。

この絵本は、初心者でも立体的に見えるように、階段を描いたのがポイントです。

まずは、これが飛び出してるように見えれば、その周りのイラストも浮き出て見えるそうです。

「飛び出て見えるのが、いっぱいあって面白かったです。」


和久田 「あー見えた、こう見えたと親子で話しながら楽しめるのがいいですね。」

3Dめがねがなくても、きちんと立体的に見えるんですね。
モノを見るのは脳だ、と聞いたことがあります。

目の錯覚というのは、結構大きなものだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください