牛乳パックで椅子を=「牛乳パックチェアカバー」20161102-2

NHKおはよう日本、2016/11/02(水)のまちかど情報室のテーマは、
「内側に 工夫あり」

●牛乳パックで椅子を=「牛乳パックチェアカバー」

Mさん宅の兄妹。
2人が座っている椅子の内側に、あるものが入っているそうです。

それは牛乳パック。

牛乳パック24本を使って作った椅子だそうです。

このかばんには作り方の説明もついています。
それに沿って牛乳パックを三角柱の形にしていきます。

和久田 「もともとの折り目があるので、折りやすそうですね。」

それを組み合わせていくとだんだん形になっていきます。

いくつも正六角形を組み合わせたその形が、上からの力に強くなるそうです。

最後にカバーをかぶせれば、子供用の椅子が完成です。

この上の部分は適度なやわらかさがあるので、座り心地もいいそうです。

「軽いし、持ち運びもできるので、どこにでも持って行って座ったり遊んだりしています。」


牛乳パック椅子は、いろいろなものが作られているようです。

今回紹介された六角形のものが、入門的なものらしいですね。
他に、低い背もたれがついたものなども作れるようです。

紙製ですから、軽くて扱いやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください