立体的な帆船の凧20150109-1

「飛ばして遊ぼう!」
2015年1月9日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

世界のニュースザッピングを受けて、
「スタジオは意外と寒い」ということでした。
寺門さんの手は冷たいということを鹿島さんが手を握って話していました。

まちかどのテーマとは関係なかったようです。

年の初めに「飛ばす」というのは、縁起がいいですね。
冬空に飛ばしたり、家の中で遊んだりという、親子で楽しめるアイデアが紹介されていました。

 
●立体的な帆船の凧
・・・色合いが違いますね。↓紹介されていたものそのものではないかもしれません。

【楽天】現状、売り切れのようです。

【アマゾン】

冬の空に飛ばすといえば、凧ですね。
小学校6年生の男の子は、お父さんと一緒にちょっと変わった凧を組み立てていました。

ナイロン製の布と竹ひごのセットです。
最初、土台となる部分を広げると、立体的な凧であることがわかってきました。

出来上がると船でした。帆を張った帆船です。

重さはわずか106グラム。

タコ糸ともち手をつけて、外に出かけました。
川沿いの公園らしきところで、上げます。
糸を引いて走ります。

普通の凧に比べると、立体的な形で隙間が多いので、風があったほうがうまくあがるそうです。

「船の形をした凧は見たことがなかったので、、、
空に浮かんでいるみたいで面白いですね。
使わないときもお部屋に飾っておくことができるので、気に入っています。


寺門さんも言っていましたが、青空に船が浮かんでいる姿は素敵でした。

立体の凧といえば、竜などを思い浮かべますが、いろいろなバリエーションがあると楽しいですね。
インテリアになるというのも新しいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください