糸でつながったドミノ=「DOMIGO(ドミゴ)」20160418-1

「意外なもの組み合わせました」
2016年4月18日(月)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

生活を便利にしてくれる斬新な組み合わせのアイディアが紹介されていました。

●糸でつながったドミノ=「DOMIGO(ドミゴ)」

家族でドミノ遊びを楽しんでいるSさん家族。

ドミノを並べていて、よくあるのがもうすぐ完成というところで倒してしまうこと。

そこで、お父さんが新しく用意してくれたドミノに組み合わされていたのは、糸でした。
糸と組み合わさったドミノです。

和久田 「つながってますね。」

5個のドミノが糸で繋がっているので、両端を引っ張ると一気に立てることができます。

あっという間に5個のドミノを並べられるというアイディアです。
テーブル一周、80個並べてみました。
うまく倒すことができました。

糸でつなげたことで、積み重ねて遊ぶこともできます。
女の子は、紐を活用して扇形に広げ、クジャクを作りました。

和久田 「羽を広げたように見えますね。」

男の子はヨットを作りました。

和久田 「積み木とも違っておもしろいですね。」

「(失敗しても)すぐまた立て直せるので、何度もチャレンジして、やり遂げたとの達成感を感じてくれるのはすごいよかったなと思います。」

和久田 「自由な発想で遊べそうですね。」


3月24日のWBSトレンドたまごでも取り上げられていました。
作ったのは、溶接などを手掛ける大阪の町工場です。

きっかけは、社員の息子さん。
夏休みの宿題を作るというときに、このアイディアを思いついたそうです。

息子さんと一緒に試行錯誤して作り上げたそうです。

社内での評判がよく、製品化に進んだそうです。

また、その息子さんのアイディアをもとに新たな製品を作りたいと期待しているとか。
才能あふれるお子さんのようですね。
楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください