紙を重ねてこするとイラストになるカード=「凸凹カードボックス」20141111-3

まちかど情報室「浮き出て 楽しく」
2014/11/11の放送でした。

 
●紙を重ねてこするとイラストになるカード=「凸凹カードボックス」
・問い合わせ先:
 Tel:

【楽天】

【アマゾン】

カード遊びが大好きなKさん親子。
かるたをみんなでやっていました。

最近お気に入りなのが、真っ白なカード。
白いカードの上に、紙を重ねました。

色鉛筆でこすると、絵が浮き出てきました。
仕組みは、いたってシンプル。

厚めのボール紙に、深さ0.2mmのイラストがプレスされています。

カードの裏には、浮かび上がった絵の名前が書いてあります。
それを利用してクイズとして使うこともできます。

8歳のお姉ちゃんは、鶏に牛、馬のカードで、1枚の紙にそれらの動物たちを描き、牧場を表現しました。
「羊だけど、青くして、雲にしちゃった。」

「何回もするのがいいです。自分で絵を描いたような気持ちでぬれて、楽しんでると思います。」


仕組みはシンプルですが、使い方で楽しくなります。
カードは、「どうぶつ」以外に「やさい」「くだもの」「のりもの」「おやつ」などがあるようです。

私も小さい頃、10円玉に紙を載せてこすったりしたこともありました。

紙を当てて、こすって絵を浮き上がらせる方法。
昔からあって、なくなることはないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください