色つきの短いそうめん=倭(やまと)麺工房「離乳食用そうめん」20160603-3

まちかど情報室は「そうめん 大好き!」というテーマ。
2016/06/03(金)の放送でした。

●色つきの短いそうめん=倭(やまと)麺工房「離乳食用そうめん」

楽しそうに遊んでいるAさん親子。
そうめんが大好きだという息子さんが最近お気に入りだというそうめんがあります。

和久田 「ちょっと色がついていますね。やさしい緑色に見えますね。」

子供が楽しく食べられるよう、ほうれん草やにんじんを粉末にして練りこんであります。

作ったのはそうめんの産地、徳島県 つるぎ町の製麺工房です。

そうめんを離乳食として使うとき、短く切っている親が多いと聞いて、通常のおよそ半分の8cm に仕上げています。
(通常の麺はだいたい19センチとのこと)

「食べやすいみたいで、何杯もおかわりするくらい食べています。
うれしいですね。」

和久田 「おいしそう。いろどりもきれいになっていいですね。」

麺職人が手延べで作っているそうで、大人が食べても当然おいしいとのこと。

和久田 「おかずの一つとして小鉢に入っていてもいいですね。」


徳島 つるぎ町のそうめんは「半田そうめん」と呼ばれているようですね。

特徴は、そうめんとしては少し太めの麺であることだそうです。
気候、地形がそうめんづくりには適しているとのこと。

試してみたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください