鉛筆が作れるキット20151124-2

NHKおはよう日本、2015/11/24(火)のまちかど情報室のテーマは、
「作る楽しみ味わえます」

 

●鉛筆が作れるキット

鉛筆が3本つくれるセット。
小学2年生の男の子とお母さんが挑戦します。

木の板は細長く切り分けることができます。
真ん中に附属の芯をのせて、接着剤で重ね合わせてくっつけます。

これを乾かした後、お母さんと一緒にカッターで好みの太さになるように削っていきます。
男の子はカッターで鉛筆を削るのは、初めての体験でした。
慎重に少しずつ削っていきます。

この木は、ヒノキでできています。
表面を紙やすりできれいにした後、好みの色に塗ってきました。
カラフルな鉛筆ができ上がりました。
世界に一つしかないオリジナル鉛筆です。

「大変だった。けど、楽しかった。」

「普段、あまり削って使うってことはないじゃないですか。なので、すごくいい経験になるよね。最後まで使おうね。」

男の子は早速この鉛筆を使って、スケッチブックに、九九を書いていました。
ちょうど、習い始めた頃でしょうか。

和久田 「勉強もはかどりそうですね。」


間伐材を有効活用することで、モノづくりの楽しさを味わってほしいと、岡山県の木工メーカーが考えました。
このメーカーは、「みんなの材木屋」を運営しています。

香りがよく手になじみやすいことから、鉛筆以外にもいろんなものが作れるキットを作りました。
スプーンや箸、しゃもじなどの種類があるそうです。
これらは、「ヒトテマキット」シリーズ。
「ヒトテマキット」のページ。

「えんぴつ」もこのシリーズの一員ではないかと思いますが、今のところはっきりしたことはわかりません。
下記の記事には、10月以降と紹介されています。
参考記事 → 「dメニュー ニュース」より

質感がよさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください