開くと小学校の模型になる紙製のランドセル=「学校でるでるランドセル」20140310-3

まちかど情報室「開けてみると・・・」
2014/03/10の放送でした。

 
●開くと小学校の模型になる紙製のランドセル=「学校でるでるランドセル」
・問い合わせ先:株式会社ピープル
 Tel:03-3862-3739

【楽天】

【アマゾン】

来月小学校に入学するSくん。
今から学校が楽しみな様子。

「小学校に行ったら、いっぱい遊んでいっぱい勉強します。」

背負っているランドセルは、普通のものとちょっと違うようです。
実は紙でできていて、
開けてみると、いろんなものが出てきます。
実は学校の模型でした。

教室や理科室、保健室など
小学校がどんなところか学べるという物です。

鈴木アナウンサー 「へー。」「うわー。」
と驚いていました。

S君は、付属のルーペを使って、学校探検をしています。

「体育館だ。」「跳び箱やってる」

運動が大好きなS君は体育の授業に、興味津々。

クイズもついていて、親子でも楽しむことができます。

母「ひまわりは、どこに咲いている?」

「この学校に、黒板はいくつある?」

Sくん「問題やってるところとか
探検しているところ、一番おもしろい。」

「本人なりに、想像は膨らませているような感じはします。
本物の小学校も楽しみになってるかなと思います。」


鈴木アナ 「これは想像がどんどん膨らんで、
入学するのが楽しみになるでしょうね。

男の子用が紹介されていましたが、女の子用もあるそうです。
女の子用は、
学校ごっこができるように、中のパーツが少し大きめにできています。
お人形遊びができるというイメージですね。

先生役ができる鉛筆と、児童役の消しゴムも付いてくるそうです。

小学校調査して、先生の意見を聞きながら
1年がかりで完成させたということです。
楽しみにしていって、現実がそれと余りにかけ離れていると、
かえって悪影響がありそうですからね。
確かめることは大事だと思います。


コメントを残す

このページの先頭へ