休止情報2016-01-19(火)全国で暴風雪

2016年1月19日(火)のNHKまちかど情報室は、5時台も6時台も
「休止」となりました。

おはよう日本は、きのうに引き続き、特別編成で放送していました。

昨日は関東甲信地方の雪、それによる交通の乱れが一番のポイントでした。
その後、交通の混乱はほぼ収まったようですが、低気圧自体は移動しながらさらに発達しています。
北日本を中心に被害が出たり、大きな影響を受けたりしています。

—————————-
ニュースとして最初に伝えられたのは、【強風】についてでした。

北海道南部、松前町では最大瞬間風速31メートル。
(松前町は道南の桜の名所でもあり、我が家でも出かけたことがあります。)

電柱が折れる被害が出たそうです。

特別な風ですね。
更に、えりも町では45メートルを超える風が吹いたようです。
本当に、緊急事態だと思います。

この強風は、全国的なものだそうです。
それぞれ、身の安全を最優先にしながらも、家の周りの管理にも気を配りたいですね。

続いて【大雪】
北海道の多いところではこれから120センチを超える積雪が予想されています。
特にオホーツク海沿岸の地域では注意が必要だということです。

キャスターが、「立往生の危険があります。車の運転は、控えるようにして下さい。」と言っていました。
かなり強い内容ですね。

この地域、多くの小中学校では臨時休校になっています。

また【高潮】についても注意が必要。
北海道東部です。
おととしには、この地方で高潮被害が出ましたが、それ以上の高潮があるかもしれないということです。
昼頃にかけて高潮に厳重に注意してください。

交通への影響は大きく、
JR北海道では特急を中心に200便以上の運休が決定しています。

空の便も、多くの運休があります。
フェリー各便も同様です。

———————————————

全国各地からの中継で吹雪いている様子が見られました。
西日本の平地でも積雪となりました。

東京、原宿の様子も映っていましたが、歩道や車道の路面が凍結しているようにも見えました。
お天気キャスターは、
・階段、歩道橋、マンホールの上は特に危険
・車の運転では、橋の上やトンネルの出入り口付近は特に注意が必要
ということを説明していました。

経験的に、横断歩道の白線の上なども滑りやすいので注意してくださいね。

———————————————-

NHKのホームページによると、今日のまちかど情報室の予定は、
『すぐに取り出すのに便利なアイデア』だったようです。
取材されて、映るはずと期待していた人も、がっかりしていることでしょうね。

製品の場合は、紹介される、されないで売り上げに大きな差が出てくることもあると思います。メーカーも落胆しているかもしれませんね。

空模様が安定して、通常の放送になるように期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください