台風7号接近、まちかど情報室は休止20160817

2016年8月17日(水)放送のNHKまちかど情報室は「休止」でした。

NHKでもリオデジャネイロオリンピックの中継が続いています。
おはよう日本は、連日、縮小された形で放送されていますが、まちかど情報室は組み込まれるようになってきました。

ただ今日は、台風7号が近付いているということで、さらに特別な内容になっていました。
まちかど情報室は休止でした。

関東以北で台風7号の影響が現れ始めていて、各地から、その様子が紹介されていました。

これから、強風と強い雨に警戒が必要です。

特に北海道では今日の後半から、落雷も含めて十分に注意しなければならないということでした。

北海道では夏休みが終わって、今日から学校が始まるところが多いです。
久しぶりの登校の後、子どもたちが無事に帰宅できればいいなと思います。

北海道といっても広いので、「北海道地方」とひとくくりにされると、違和感を覚えることがあります。

台風が来ても、その進度によって台風の影響を強く受けるところと、そうでもないところがあるのです。

函館地方は昨日の夜から、強い雨に見舞われましたが、今朝は重苦しい空ながら、雨は落ちていません。

札幌などは大雨に警戒をしているそうです。

今後は帯広や釧路など、東側で雨がひどくなりそうです。

この台風は何年かぶりに北海道に上陸するかもしれないということですから、緊張感を持って気象情報をチェックしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください