ウニの殻からできた石鹸=「清潔男子」20160518-3

まちかど情報室は「捨てずに使いました」というテーマ。
2016/05/18(水)の放送でした。

●ウニの殻からできた石鹸=「清潔男子」

汗や皮脂汚れが気になるというNさん。

最近洗顔するときに使っているのが、ある石鹸。

「きめが細かいというか、、、毛穴の中まで浸透しているような感じがして、脂も取れていいと思っています。」

この石鹸、捨てられていた、意外なものが使われています。

正解は、ウニの殻。

考えたのは鹿児島県にある水産加工会社。

地元で沢山取れるウニの殻を使っています。

ウニの殻を高温で2回焼くと、白い粉になります。
これは、歯磨き粉などにも使われる炭酸カルシウムです。

1000分の3ミリという細かな粒子には、さらに細かい穴が沢山空いています。
これを使った石鹸で顔を洗うと、粒子が毛穴に入り込み、更に細かな穴が汚れや脂を吸着してくれます。

「洗ったあとは気持ちがいい。白くなったような気がします。
家族もなかなかいいなと思ってずっと使っています。
非常に好評です。」

和久田 「ウニって意外ですね。地元のものを有効活用していていいですね。」


パッケージも、男性向けということを前面に出していますね。
力強い感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください