リンゴの心皮を使った泡なし石鹸=「あっ!ぷるるんボール」20160112-2

NHKおはよう日本、2016/01/12のまちかど情報室のテーマは、
「りんご大好き」

●リンゴの心皮を使った泡なし石鹸=「あっ!ぷるるんボール」

和久田さんは、一見して「リンゴが入った水羊羹?」と言っていました。

【楽天】

確かに、ぷるぷるとした弾力がありますが、実は、顔を洗うときに使用するものでした。
これにもりんごが使われているそうです。

【アマゾン】

使っているのはKさん。

水で湿らせた肌の上を、この柔らかい塊を滑らせて使います。
泡は出てこないですが、、、

「(洗顔後)コットンでなぞってみたんですが、全然汚れはついてこないので、しっかり汚れ落ちているなと思って。」

考えたのは青森県にある、パソコン部品のメーカーです。
(株式会社やまと商社=ノートパソコンのヒンジが主力製品のようです。)

パソコン事業以外の新しい分野を開拓しようと、青森県と共同で開発しました。

りんごを無駄なく活用しようという青森県の取り組みの一つなんだそうです。

りんごのどこを使ったかというと、「心皮」と呼ばれる、種の周りにある硬い部分です。
いつも捨てられているところです。
これを粉末にして、ゼリーのように固めたことで、肌に優しく触れながら、毛穴の汚れを細かな粒子で落としてくれるというものです。

スクラブ効果です。

「しっとり感も持続しますので、化粧のりも大変良いと思います。」


スクラブ洗顔の材料としては、いろいろなものがありますね。
肌にダメージを与えずしかもきれいに汚れを落としてくれるという効果を求めて、さまざまな工夫がされているわけです。

こんにゃく、米ぬか、砂糖、塩、重曹などなど。

今回は、リンゴの種の皮、心皮でした。
素材も面白いし、プルプルした感触は、試してみたくなりますね。

使っていくうちにだんだん小さくなっていくんでしょうか?
どのくらい使えるのか、気になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください