お米の計量ができるフタ=「計量もできる米保存容器」20130411-2

2013/04/11のまちかど情報室のテーマは、
「フタに ひと工夫」

 
●お米の計量ができるフタ=「計量もできる米保存容器」
・問い合わせ先:株式会社 千趣会 TEL:0120-03-1000

この商品のURL→http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?BELN_SHOP_KBN=100&SHNCRTTKKRO_KBN=03&KAT_BTGO=971249_200_2013_A

ちょっと形の変わった容器。
ふたの部分は丸い目覚まし時計のようです。

実は、米の容器でした。
ひっくり返して逆さまにすると丸い部分にお米が入ってきます。
ぴったり1合が計れます。

今度は真ん中のつまみを回すと、下から米が出てきます。
上からは米は落ちてきません。

黄色い部品には穴が一箇所だけ空いています。
オレンジのほうは両方穴が空いています。
黄色いほうを回転させると、米が入ったり、出たり
米の入り口出口を一つに絞ることができます。

フタをはずさなくていいので、米がしけたりとか
ホコリが入ったりしないのがいいということでした。

「一粒一粒残さず、入れられるので楽です。
子供と楽しく作業ができるところもとてもいいと思います。


くるりと回すと、米がさらさらと落ちていく。
見ていると、やってみたくなりますね。
鈴木アナウンサーも「やってみたい!」とつぶやいていました。


コメントを残す

このページの先頭へ