お茶を好みの濃さで入れられる=HARIO「プルアップティーメーカー」20150507-1

「新茶を楽しもう!」
2015年5月7日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

新茶が出回る時期になりました。
和久田アナウンサーのふるさとは静岡で、お茶に対する思い入れは強いそうです。
新茶の香りと甘みを絶賛していました。

おいしくお茶を楽しむアイデアが紹介されていました。

 
●お茶を好みの濃さで入れられる=HARIO「プルアップティーメーカー PTM-35」

【楽天】

【アマゾン】

毎年、この時期新茶を楽しみにしているという、Oさん。
お子さんのお世話をしながらお茶を入れました。

「お湯を注いで時間が経つと、濃くなりすぎて最後まで飲めなかった、言うことがありましたかね。」

そこで、特別なポットを使うようになりました。

毎回一杯ずつ入れるのではなくて、少し多めに作り置きしておきたいときに便利です。

蓋の裏側に茶漉しがついていて、ここにお茶の葉を入れます。
これを、お湯を注いだポットにかぶせて、丸いつまみを回すとお湯の中に沈めることができます。

好みの濃さになるまで待ってから蓋を引き上げれば、それ以上お茶は濃くなりません。

和久田 「ポットが透明なので、濃さが確認できていいですね。」

「ワンタッチで引き上げることができるので、濃くなりすぎず、最後までお茶を飲みきることができます。」


ハリオはガラスの調理器具をたくさん作っていますね。
最近では、コーヒー器具のメーカーのイメージも強くなってきました。
アメリカ発のブルーボトルもハリオの器具を使っていたような、、、。

お茶もいろいろな可能性があると思います。
新しい楽しみ方を提案してくれるハリオにはこれからも注目していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください