かんたんに溶き卵ができる=シロウマサイエンス「たまごシェーカー」20160614-1

まちかど情報室は「入れ物 もっと便利に」というテーマ。
2016/06/14(火)の放送でした。

●かんたんに溶き卵ができる=シロウマサイエンス「たまごシェーカー」

卵料理が登場。
全部、ある入れ物を使って作りました。

作ったのは、Fさん親子。
卵の形をしたグッズです。

中を開けると、三つのパーツに分かれています。

割った卵を容器に入れて、塩コショウなどで味つけした後、放射状のパーツをセットし、蓋を閉じたら、10回ほど振ります。

間に入れたパーツが刃のような役割をし、卵を効率よく切って溶きほぐすので、簡単になめらかなとき卵が作れます。

容器は電子レンジで使えるので、1分ほど加熱した後、軽くまぜれば、スクランブルエッグのでき上がりです。

和久田 「半熟で、おいしそうですね。あっという間。」

50回ほど振るともっと滑らかになるので、味つけを変えてプリンや茶碗蒸しなど、いろんな料理にアレンジして楽しんでいるそうです。

【アマゾン】

「卵を入れて振るだけなので、子供にも安心して任せられます。
楽だし、楽しいし、自分で作るからなおさら食べてくれるのかなと思います。」

和久田 「白身をちゃんと切ってまぜるのは、意外と大変ですからね。簡単にできていいですね。」


真ん中に割った卵乗せると、簡単に黄身と白身を分けることができます。
この白身だけを入れて容器を振ると、ふわふわのメレンゲができます。
味噌とマヨネーズで味を整えて、ドレッシングにしてもおいしいということです。

たしかに、口当たりがフワフワのドレッシングが出来そうですね。
キュウリスティックなどに、うってつけだと思います。

とっつきやすい卵料理、しかし、しっかりやろうと思えば、技や工夫が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください