オーブン用調理袋=「オーブンバッグ」20151112-2

NHKおはよう日本、2015/11/12(木)のまちかど情報室のテーマは、
「手軽に作っておいしく食べよう」

 
●オーブン用調理袋=「オーブンバッグ」

【楽天】

【アマゾン】

今主婦の間で話題の「ぎゅうぎゅう焼き」
和久田さんは初めて聞いたということです。
(私も今回初めて知りました。)

オーブンの天板に好きな食材をぎゅうぎゅうに詰めて焼くだけの手軽さが人気の秘密です。

このギュウギュウ焼きをよく作るというHさん。
オーブンに油が飛び散ったり、においが残るのが気になっていました。

そこで見つけたのが調理用の透明な袋。
中に食材を入れて、オーブンで焼きます。

オーブンに入れて大丈夫な袋なんですね。
耐熱温度200度。
熱に強い合成樹脂でできています。
旅客機の機内での調理にも使われているそうです。

180度のオーブンで40分ほど焼きました。
ジューシーでおいしそうです。

袋に入れたことで、食材から出たうまみを吸っておいしさが増すそうです。

「良く味が染みてる。」

「おいしい。」

「オーブンに臭いも全然残らないですし、天板も汚れていないので、袋を捨てるだけで片付けも楽です。」


ちょっと調べてみたら、ぎゅうぎゅう焼きは、翻訳家の村井理子さんが考案。
Twitterで投稿して話題になったもの。
作り方は簡単なのに豪華に見える、残っている食材を整理できるなど、好評のようです。

今回の袋。
袋に入れてからオーブンで加熱、、、ちょっと無理という気がしましたが、大丈夫なんですね。
びっくりしました。

これなら気軽に試すことが出来ると思います。
野菜の水分などがキープされるのは特にいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください