グリルを汚さず魚が焼ける=「南部鉄器・魚焼きグリル用ベイクパン」20130911-1

「さんま おいしく食べよう」
2013年9月11日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

いよいよ秋の味覚サンマの季節。
釧路でも水揚げが徐々に増えてきているようです。
サンマを手軽においしく食べるアイデアが
紹介されていました。

 
●グリルを汚さず魚が焼ける南部鉄器の鍋=「南部鉄器・魚焼きグリル用ベイクパン」
・問い合わせ先:株式会社及精鋳造所
 Tel:0197―24-7263

【楽天】

秋刀魚がおいしく焼けている映像からスタート。
ただ、油が滴り、後始末が大変そうです。
洗うのに苦労しそうです。

主婦のMさんも困っていました。
「焦げ目を取るのにすごく手間がかかるんです。
においが付いてるし、後片付けが大変でね。」

そこで使い始めたのが、南部鉄器。
ふたのほうを秋刀魚を焼くのに使います。
秋刀魚を乗せて、グリルへ入れます。

火をつけて10分ほど。
油がよく乗っている秋刀魚です。
熱がすばやく均等に伝わる鉄製なので、
ひっくり返さなくても、裏も焼けているのがポイントです。

細かい突起もたくさん付いていて、
皮も張り付きにくくなっています。

当然のことながら、グリルの網は汚れていません。

そのまま食卓に持っていけるのも、
便利なところです。

「お掃除しなくてもいいと、思っただけで
買い物のとき魚の方に手が伸びます。」


ダッチオーブンのように、包み焼きをすることもできます。
そのときには、蒸し焼き状態になって、これはこれで、
美味だということでした。

秋刀魚のおなかにねぎなどの薬味を入れて
蒸し焼きにする料理が紹介されていました。
後始末が簡単で、おいしい秋刀魚が食べれそうです。
試してみたいですね。


コメントを残す

このページの先頭へ