シリコーンでできた透明なグラス=「シュプア」20131209-1

「パーティー盛り上げます」
2013年12月9日(月)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

忘年会、クリスマスなどパーティーなどが続く時期になりました。
主婦には忘年会はぴんときませんが、、、
パーティーで盛り上がるためのアイデアが紹介されていました。

 
●シリコーンでできた透明なグラス=「シュプア」
・問い合わせ先:信越ポリマー株式会社
 Tel:0120−711−867

【楽天】

ウイスキーが大好きというYさん。
この日はお友達と家で、忘年会です。
そんなときに
「このグラス、いいんです。」

一見普通のグラスに見えますが、、、
握るとぐにゃりと、曲がりました。

シリコンでできているクラスでした。

やわらかいので握って水割りをまぜることができます。

熱を通しにくいので、お湯割りを作っても熱くありません。
友達も、「いいね、これ。熱くないよ。」
という反応です。

電子レンジも使えます。

実は、シリコーンは透明なまま固めるのは難しい素材だそうです。
固めると、色が濁ってしまいがちです。
専門メーカーが研究を重ねて、
透明な輝きを保つグラスを開発しました。

洗う時に割れにくいというのも、特徴。

「新感覚のグラスですね。倒しても割れないし。
アウトドアとか、お花見のときにも活躍できそう。」


この製品、2013年11月12日(火)に
トレンドたまごでも紹介されていました。
トレたま 「シュプア グラスシリーズ」関連記事
手に取った人が、びっくりするような柔らかさ。
触ってみたいと思いました。

パーティーだけでなく
介護の現場でも重宝されると思います。

シリコーンという素材は、まちかど情報室の定番。
鈴木アナウンサーは、シリコーンに詳しかったです。
これからも、シリコーンはいろんな分野に進出しそうです。


コメントを残す

このページの先頭へ