ジャーサラダについて20150127-1

「野菜おいしく食べよう」
2015年1月27日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

見た目も鮮やか 野菜をおいしく食べるアイデアが紹介されていました。
鈴木アナウンサーは、この時期お鍋などで野菜を摂っているそうですが、サラダはあまり食べないとか。

その考えが変わるのかどうか。
最初はサラダの話題でした。
 
●ジャーサラダについて

教室で使われていた広口ビン=「ボウル メイソンジャー」
(2つに分かれるフタの構造ダブルキャップが特徴の密閉容器です)

【楽天】

【アマゾン】

最近話題のサラダ。
その作り方を教えてくれる料理教室が紹介されていました。

用意するのは口が広くてしっかりと閉じられるビン。
よく洗ったものを使います。

料理研究科 りんひろこ さんが講師です。
「コーンサラダを作ります。」

まずはじめに大さじ1杯のドレッシングを入れて、玉ねぎやトマトなどドレッシングとなじみやすいちょっと固い野菜を入れます。

りん 「トマトとかは断面が見えるように貼り付けると、かわいく見えます。」

その上にオリーブやルッコラなど葉物を入れて、最後にコーンを山盛りにします。
その状態で蓋を閉めれば完成です。

ガラス瓶に野菜をつめたジャーサラダです。

鈴木 「最近よく聞きますね。」

野菜が空気に触れないので、酸化しにくく、冷蔵庫の中に入れておけば4、5日ほど保存できるそうです。

食べるときは、ビンをよく振ってドレッシングをまぜ合わせます。
その後お皿に移します。

鈴木 「どばっと移しただけなのに、きれいですよね。」

「みずみずしさも残っていて、かなりおいしいです。」

「ビンいくつかあれば、いろんなサラダを作っておいて、閉めておけば何日間か楽しめるので、是非活用しようと思います。


寒いから、、、ということで冬はあまりサラダを食べない鈴木アナウンサー。
冷蔵庫で保存したジャーサラダは、抵抗感があるかもしれませんね。

ただ、つくり置きしておくという便利さから、いつかやってみようと思うことがあるかもしれませんね。

もともとは、働く女性たちの女性たちの間でブームになったもの。
週末に作り置きをしておいて、平日のランチタイムに手軽にたっぷり野菜が取れるということで、人気を集めているとのことでした。

鈴木 「なんか、オシャレ度が上がりそうな気がしていいですね。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください