ドリンク 冷た~くしましょ! 7月31日

ロンドンオリンピックでは、熱戦が続いています。日本人初の金メダルは、女子柔道の松本選手でした。きのうのまちかど情報室は、「金」の話題でした。金や金箔で有名なのは石川県金沢市だということを知ったのですが、この松本選手は金沢出身だということでした。金に縁がある人なんだなと感じました。
 2012年 7月31日(火)のまちかど情報室は、「ドリンク 冷た~くしましょ!」というテーマでした。ドリンクを冷た~くして楽しむアイデアが紹介されていました。

●缶ビールなどの冷たさを保つ=「ドリンククーラー アイスクール」
・問い合わせ先:アーネスト株式会社 TEL:0120-803-123
URL→http://www.ar-nest.co.jp
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
沖縄のIさんご夫婦。仕事終わりの一杯はおいしいんですが、缶ビールはすぐにぬるくなってしまうのが気になっていたようです。そこで使い始めたものがあります。缶を入れる台のようなもの。あらかじめ冷凍庫で3時間冷やして起きます。とりだして、そこに缶を入れておけば冷たさが保たれるということです。中はステンレスの容器の周りに保冷剤があります。それを断熱性の高いプラスチックで覆っています。
 実験していました。冷蔵庫から取り出したビールは10度前後。室温25度の部屋に2時間置きました。普通の状態だと20度9分まで上がりました。アイスクールに入れておいたほうは11度8分。冷たいままです。
 ビールの缶以外にも、ペットボトル・グラス・輪っかのフタをはずすとワインボトルなども 冷やせます。
 Iさんのコメント=「最後まで冷たくのめるので、いいなと思います。」
一気に飲み干してしまう人には関係ないかも知れませんね。缶ビールよりも、ワインボトルを冷やすのに重宝しそうな気がしました。

●自宅で手軽にアイスコーヒー=「V60アイスコーヒーメーカー」
・問い合わせ先:ハリオグラス株式会社 TEL:0120-398-207
URL→http://www.hario.com/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
「珈琲できました。」と奥さんが言っています。Uさん宅は夫婦で珈琲を楽しんでいるそうです。冷房で体が冷えてしまうと、温かいコーヒーもいいですが、本当はアイスコーヒーが飲みたかったようです。
奥さんのいわく、「氷を入れすぎちゃったりとか、水っぽいコーヒーになっちゃって、、、」
そこでUさんは、ハリオのアイスコーヒーメーカーを使うことにしました。これは、ドリッパーと、中に入っている白い容器がセットになっているもの。まず、白い容器の中に氷を入れて、それをポットにセットして、上からドリッパーにお湯を注ぐと氷によってコーヒーが瞬時に冷やされて落ちていきます。
 ポイントはドリッパーとポットの間に皿が付いていて、そこに小さな穴が空いているところです。そのことで、満遍なくコーヒーが氷に当たって一気に冷えます。
 さらに、容器に目盛りが付いていて、氷が解ける分も計算に入れてつけられています。薄くなりすぎず、おいしく飲めるように考えられています。
 奥さんのコメント=「アイスコーヒーが簡単にできて、二人でコーヒーを楽しませていただいています。
 アイスロケットという器具を使ったことがありますが、こちらは氷に直接触れないため薄くなりませんが、冷えがいまひとつでした。このハリオの製品をタメシテミタイです。

●自宅で手軽にアイス=「ツイスティックス」
・問い合わせ先:株式会社アントレックス TEL:03-5368-1800
URL→http://www.entresquare.com/
楽天で扱いがありました。

Mさん宅。二人のお子さんはアイス食べたい!ということで、お母さんが取り出したものがあります。「これならジュースでアイスが簡単に作れます。」ということでした。
 フタをはずして、中にオレンジジュースやグレープジュースをいれて、ふたをして冷凍庫に入れて半日。フタをはずして、容器の底に付け替えて、回すとアイスが出てきました。「なんかおもしろい」
 他にもフルーツポンチ・炭酸飲料など好きなものを凍らせればアイスができるということです。
 お母さんのコメント=「子供と一緒に楽しんで、作って食べれるというところがいいところだと思います。」
 スティックのりのように、回すと出てくるというのが面白いですね。実際に食べやすさも考えれられていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください