ベジブロス(野菜のだし汁)20150127-3

まちかど情報室「野菜おいしく食べよう」
2015/01/27(火)の放送でした。

 
●ベジブロス(野菜のだし汁)

タカコ ナカムラ主催 自然素材の料理教室

【アマゾン】

野菜の捨てていた部分を有効活用するというアイディアです。

講師は、料理研究科 タカコ ナカムラさん。
この料理で用意したのは、玉ねぎの皮に野菜のヘタ、しいたけの軸やイシヅキ。

「もったいないなぁっと思いつつ、捨てていました。」

この野菜の皮や根元をよく洗ったものを、水に入れて弱火で30分ほどゆっくり煮出します。

かなりの弱火です。

ザルで漉すと、野菜のコクやうまみがしみ出したおいしい出汁(だし)、ページブロスが出来上がります。
野菜くずの出汁です。

玉ねぎの皮を入れると、美味しそうな色になるそうです。

「おいしい。」

「コンソメスープのやさしい体にいい感じの味」

この出汁、ご飯を炊くときや味噌汁を作る時にも使えます。
いろんな料理に、野菜のうまみを加えてくれます。

タカコ ナカムラ
「今まで捨ててたところでしょう。材料費もタダですから。
体にもいいし、どこの家にもあるお鍋だけあれば、デジブロスがとれるので、ぜひお勧めしたいです。」


鈴木 「本当に、お出しのように料理にも使えちゃうんですね。」

野菜の皮や種には、体の免疫力を高める抗酸化物質も含まれているので、効率よく、そうしたものを摂取できるそうです。

作り置きできるのかどうか、気になりました。
野菜くずとはいえ、何をどのくらいという目安があればいいなと思います。

そのときにあるもので、、、と言うことだと、毎回風味が変わってしまうような気もしますが。
色合いのことも考えると、たまねぎの皮は必須という気がしますね。
関係本の購入を検討します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください