下ごしらえ手早く! 1月23日

「運命の人」というドラマを見ています。日曜日の夜9時から。昨日は2回目でした。重厚で緊迫した展開で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。原作もいいのだと思いますし、役者さんたちも実力を発揮しています。調べてみたら、実際にあった「西山事件」が題材になっているとのこと。私も物心ついている時期のことのようですが、記憶には残っていませんでした。これからの展開がますます楽しみです。
 2012年 1月23日(月)のまちかど情報室は、「下ごしらえ手早く!」というテーマでした。むく、切る、おろすなど手間のかかる料理の下ごしらえに役立つアイデアが紹介されていました。

●野菜の皮が容器に入るピーラー=「皮むき革命 シューノ」
・問い合わせ先:株式会社オクダ TEL:0575-22-5511
URL→https://www.rakuten.co.jp/sekinohamonoya/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
休みの日は家族のために料理をするというSさん。この日のメニューはカレー。ピーラーで皮をむいたあと、散らかってしまいます。「ぬれた皮をさわるのは、ちょっと嫌ですし、、、」そこで見つけたものが、一見工事現場のライトのようなもの。よく見ると真ん中に刃がついています。これをにんじんに押し当てて滑らすと皮が容器の中に入っていきます。むき終ったところで、フタを開けてむけた皮を簡単に捨てることができます。カレーのできばえは「おいしい」という評価がもらえていました。 Sさんのコメント=「自分の手も汚さずにできるので、すぐれていると思います。嫁さんに迷惑かけずに、きれいに使えるかなと思います。」 子供たちに料理を手伝わせるときなんかも、重宝しそうですね。

●刃が縦についたピーラー=「ロングピーラー+プラス 快菜(かっさい)」
・問い合わせ先:川嶋工業株式会社 TEL:0575-22-5511
URL→http://www.suncraft.co.jp
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
フードコーディネーターのIさんが愛用しているものは、縦型のピーラーです。細長いです。しかも刃のついている部分がくるくる動くので、いびつな形をしているジャガイモのようなものでも、刃が沿うように当たってきれいにはやくむけます。刃の部分が10センチと長いので、たまねぎのスライス、キャベツの千切り、ごぼうのささがき、パプリカの輪切りなどハイスピードでできます。
Iさんのコメント=「結構なスピードでできますし、均一な厚さで切れるので、、、あと、まな板とかを使わなくてもいいので、大変便利です。」 ちょっとしたときに、まな板を使わなくても野菜が切れるというのは、特にいいなと思いました。

●表と裏に刃が付いたおろし金=「ののじサラダおろし」
・問い合わせ先:株式会社レーベン販売 TEL:050-5509-8340
URL→http://nonoji.jp/ 楽天で扱いがありました。
料理好きのYさん、今日のメニューはコールスローサラダだそうです。「前は、包丁で千切りにしていたんですけど、面倒で、時間がすごくかかってたんですよ。」 そこで使い始めたのが、便利なおろしがね、です。よく見ると大きな穴と小さな穴が交互に並んでいます。実は、両面に刃がついているんですね。大きいほうは荒めに、ひっくり返した細かいほうだと、細かく削れます。 にんじんをまずは、荒めの刃ですってみます。付属の受け皿の中にたまっていきます。今度は細かい刃で削って、仕上がりを比べてみると、はっきりと違いが分かります。食感も二つ楽しめます。 「食感も大事ですので、、、しゃきしゃきした食感が好きなときには、大きい刃で、ふわっと楽しみたいときには、小さい刃でやるのがいいですね。」 細かい刃のほうで、まわしながらやると、大根おろしやとろろ芋を作ることができるということでした。知ってしまったら手放せないグッズかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください