乾燥大豆から豆乳が作れるポット=「JOYOUNG クックポット」20131118-1

「大豆の楽しみ広がります」
2013年11月18日(月)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

大豆は今が、収穫の時期のようです。
栄養も豊富な大豆を味わうアイデアが紹介されていました。
大豆製品のイラストを見るところからスタートしました。

 
●乾燥大豆から豆乳が作れるポット=「JOYOUNG クックポット」
・問い合わせ先:神田無線電機株式会社
 Tel:0120-02-9995

【楽天】

鹿島アナウンサーが登場しました。
「お休みの日くらいはゆっくり朝ご飯、、、」

「まずはこれをいっぱい」と言ってグラスに入った大豆を手にしました。

当然そのままいただけるわけもなく、
実は、豆乳にしていただくということでした。

乾燥したまま水でふやかすことなく豆乳がつくれるというものです。

ポットに大豆を入れました。水を入れてスイッチを入れるだけ。

中を覗ける特殊なカメラで様子を撮影していました。
ふたに付けられた刃の部分が高速で回転しています。
周りの金属の部分には穴が開いています。
乾燥したままの大豆を火を通しながら砕いて回転させることができます。

煮ながら砕いていくというのを、一気にやっているのでした。

およそ15分で豆乳ができ上がりました。
とても良い香りだそうです。

そのままでもおいしんですが、
漉して滑らかにしていただくこともできます。

鹿島アナウンサーは大満足。
「落ち着く!」とつぶやいていました。


できたての豆乳に、にがりを入れたら、豆腐も作ることができますね。

煮ながら砕いていくと言うのが、ポイントです。
このポット、容量の違いで3種類あるようです。
市販の豆乳にはない、おいしさがあるのではないかと
想像がかき立てられます。
試してみたいです。


コメントを残す

このページの先頭へ