二つに分けて使えるホットプレート=アイリスオーヤマ「ホットプレート 角型 両面」20160606-1

「2つに分けました」
2016年6月6日(月)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田アナウンサーは、最近アイスを食べすぎないように、最中のアイスを買って半分にして食べるようしているそうです。

調理の時に便利になるアイディアが紹介されていました。

●二つに分けて使えるホットプレート=アイリスオーヤマ「ホットプレート 角型 両面」

Kさんのお宅。
お友達家族とホームパーティーです。

作るのは子供たちの大好きなたこ焼きと焼きそば。

開いて使う調理器具を取り出しました。

鉄板が二つにわかれています。

穴のあいたプレートでたこ焼きを、平らな方で焼きそばを。
二つの料理を同時に調理できます。

プレートごとに温度の調節ができるようになっています。
大好きなメニューが一度に二つ食べられるので、子供たちも大喜びです。

「みんなでワイワイ楽しめるところがとでもいいと思います。」

「コンパクトなので、置いておくのも場所取らないので便利ですね。」


たこ焼き、焼きそば用以外に、もう一枚鉄板がついています。
ディンプルプレート=細かいくぼみがあるもの。焼き肉に適しているそうです。

これと平面プレートの二枚を使って、平面のほうを保温モードにして、焼いた肉を移せば、焦げずにあったかいまま、楽しめるということです。

ホットプレートは、けっこう収納に困るので、折りたためるのも強みだと思います。
タコ焼き専用の器具は、欲しいなと思うことがあっても、躊躇してしまいます。

ヤキソバとセットなら、たこ焼きをする機会も増えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください