傷ついた表面を包丁ではがせる=家庭用「はがせるまな板」20140617-1

「台所用品いつも清潔に」
2014年6月17日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

カビや雑菌が心配な時期になってきました。
キッチンを清潔に保つアイデアが紹介されていました。
鈴木アナウンサーがまっさきに上げたのは、まな板でした。

 
●傷ついた表面を包丁ではがせる=家庭用「はがせるまな板」
・問い合わせ先:山県化学株式会社
 Tel:086-473-3615

【楽天】

【アマゾン】

まな板で食材を切るKさん。
きょうの夕食のメインは、アジの刺身。

ただ、
「随分、汚れちゃったわね。」
まな板の汚れが気になっていました。

包丁でついた細かい傷に、汚れがたまると菌が繁殖しやすくなります。

生ものの調理には注意したいものです。

こんな時に便利なのがこのまな板。
包丁をまな板に入れていきます。
はがせるまな板でした。
まな板をスライスしたということです。

傷や汚れが目立ってきたら、表面を新しくすることができます。
このまな板は、厚さ5ミリの板の上に、3ミリの板を2枚重ねています。
縁の部分を熱でくっつけています。
それを2回剥がして使えるようになっています。

Kさんは、使い慣れたまな板が新品のようになるのがお気に入りです。

「衛生面でもいいんじゃないかな。
安心して調理ができると思います。」


2回はがすということですが、どのくらいの間隔ではがすんでしょうかね?

場合によるとしか言えないでしょうが、
私なら「まだまだ大丈夫、、、」と思って、
ずるずる使ってしまいそうです。

大きさや色がいくつかあるようなので、確認が必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください