大根おろしアートの型=「アート倶楽部 シリコン」20150114-1

「お鍋 手軽においしく」
2015年1月14日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

寒い日にぴったり、鍋料理を手軽に楽しむアイデアが紹介されていました。
今日の担当は、鹿島アナウンサーでした。
寺門さんは、昨日の晩は一人で鍋をしたそうです。

 
●大根おろしアートの型=「アート倶楽部 シリコン」

【楽天】

【アマゾン】

Yさんのお宅。
今日はお鍋です。

鍋の蓋を開けると、中心にはシロクマがいました。
大根おろしアートです。

それを作るために、型を使ったそうです。
シリコンでできています。

まずは、大根をすりおろします。
水気をよく切ることがポイントだそうです。

切った水分は後で鍋に入れます。

水気を切った大根おろしを型の中につめて、それをはずした後に、顔を海苔で作ってあげます。

できたシロクマ、さっきのおろし汁も鍋に入れ、大根の風味たっぷりの鍋ができていきます。

白熊がお風呂に入ってるような感じでしたが、徐々に崩れていきます。
溶け去った時が食べ物のようでした。

他にも、ラッコやクジラの型もあります。
クジラは大根1本丸ごと必要だそうです。

「見た瞬間にすごく喜んでくれたので、食卓が明るくなっていいなって思いました。」


もともと、手で作るのが当たり前の大根おろしアート。
残念ながら手先や、造形のセンスには個人差があって、上手く作れないひとも居ました、、、。
誰でも作れるようにと、考えられた製品です。

大根おろしだけでなくご飯などを素材することもできますね。
コーナーの終わり頃に紹介されていましたが、カレーにつかうご飯を型どるのもかわいかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください