底に吸盤がついたすり鉢=「ごりごりボール」20160114-1

「手もと助けます」
2016年1月14日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田さんは、手が乾燥してニュース原稿がめくりにくくて困っているそうです。

手作業をしやすくするアイデアが紹介されていました。

●底に吸盤がついたすり鉢=「ごりごりボール」

主婦のJさん。
料理をするときによく使っているのが、透明なボール。
内側に目が刻んであります。
すり鉢としても使えるようになっています。

【楽天】

医療器具などにも使われているトライタンという素材でできていて、ゴリゴリしてもとても丈夫だそうです。
(商品名にも”ごりごり”が使われていますね。)

【アマゾン】

手元を助けるアイディアがあります。
下側がピンクになっています。
この部分は実は特殊な吸盤です。

平らな場所において、右に回すと空気が押し出されてしっかりとくっついてき固定されます。

「すり鉢だと押さえていないと動いてしまうんですけれど、このボウルだと底に吸盤がついているので、しっかり両手で力を入れてコマをすることができます。」

左に回せば、簡単に吸盤が外せます。


しっかり固定されることで、作業効率はぐんとアップすることでしょう。
すりこぎでする、という作業も苦にならず、料理の幅も広がっていくかもしれません。

吸盤の色はピンク以外に、イエローとグリーンがありました。
大きさは18センチと21センチの二種類あるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください